ELC Analytics 動作環境

保管

ELC Analytics 本体 (ELC, LogGate, Console)

▼ソフトウェア要件


・上記は、ELC Analyticsが稼働する環境のソフトウェア要件です。
・仮想環境は、ソフトウェア要件に挙げられたOSの動作を保証していれば使用できます。ただし、仮想化ソフトウェア独自の機能検証は実施していません。
▼コンソールサーバへアクセスする端末のソフトウェア要件

コンソールサーバへアクセスする端末のソフトウェア要件は、以下の通りです。
▼ハードウェア要件

ELC Analyticsのハードウェア要件は、使用するOSのハードウェア要件に準じます。さらに加えて、以下の要件を満たす必要があります。

以下は、弊社が想定する標準的なハードウェア構成の例です。

収集

EventLogCollectorは、下記のログをエージェントレスで取得する事が出来ます。

▼ログ収集対象

EventLogCollectorが対応する収集対象のプラットフォームと、コレクタの対照は以下の通りです。
▼ログソースモジュールの自動インストール要件(Windowsイベントコレクタ)

Windowsイベントコレクタでは、イベントログの収集に必要なモジュールをログソースに事前配布する必要があります。
EventLogCollectorの管理コンソール画面上からログソース毎にリモート配布し、自動的にインストールすることが可能ですが、
対応するログソース及び、リモート配布・自動インストールに必要な要件がありますので下記に掲載します。

上記で「○」であるOSの自動インストール要件として、Logstorage EventLogCollector マニュアル: 9.3.4 「ログソースを追加する」に記載のユーザアカウントでEventLogCollectorから接続する必要があります。
PAGE TOP