概要

Logstorage Access Check 連携パックは、SecureCube Access Check からログを自動収集するモジュールと、SecureCube Access Check のログを解析する条件定義ファイルを含む、Logstorageのオプション製品です。

パッケージ内容・収集モジュール
・ログフォーマット定義・タグ定義
・検索・集計・レポート・カラムセットに関するテンプレート

SecureCube Access Check とはSecureCube Access Check は特権IDの安全な利用とリスクの可視化を支援する特権ID管理ツールです。
詳細は https://www.nri-secure.co.jp/service/solution/accesscheck.htmlをご覧下さい。

収集

SecureCube Access Check のログ

Logstorage Access Check 連携パックは、下記 SecureCube Access Check のログ収集をサポートします。

バージョン収集対象ログファイル名
4.0 / 4.1アクセスログd_report_accesslog.yyyyMMdd.csv
4.2 / 4.3 / 4.4 / 4.5 /
4.5.3
アクセスログ
アクセス申請一覧
アクセス申請時間超過アクセス履歴
アクセス申請機能による規制履歴
d_report_accesslog.yyyyMMdd.csv
d_report_applicatelist.yyyymmdd.csv
d_report_accesstimelimithistory.yyyymmdd.csv
d_report_accessrulehistory.yyyymmdd.csv
5 / 5.1 / 5.2アクセスログ
アクセス申請一覧
アクセス申請時間超過アクセス履歴
アクセス申請機能による規制履歴
d_report_accesslog.yyyyMMdd.csv
d_report_accessapplicatelist.yyyymmdd.csv
d_report_accesstimelimithistory.yyyymmdd.csv
d_report_accessrulehistory.yyyymmdd.csv
5.3 / 5.6アクセスログ
アクセス申請一覧
アクセス申請時間超過アクセス履歴
アクセス申請機能による規制履歴
グローバル管理者画面の操作履歴
管理者画面の操作履歴
マスタ管理者画面の操作履歴
ログイン履歴(グローバル管理者)
ログイン履歴(監査者)
ログイン履歴(管理者)
d_report_accesslog.yyyyMMdd.csv
d_report_accessapplicatelist.yyyymmdd.csv
d_report_accesstimelimithistory.yyyymmdd.csv
d_report_accessrulehistory.yyyymmdd.csv
globaladmin_weblog_yyyyMMddHHmmssSSS.csv
admin_weblog_yyyyMMddHHmmssSSS.csv
mstadmin_weblog_yyyyMMddHHmmssSSS.csv
globaladmin_loginlog_yyyyMMddHHmmssSSS.csv
audit_loginlog_yyyyMMddHHmmssSSS.csv
admin_loginlog_yyyyMMddHHmmssSSS.csv

SecureCube Access Check 以外の収集対象のログ

Logstorageは、SecureCube Access Check 以外の収集対象のログ管理もサポートしています。システム環境やログの特性に合わせ、複数の収集方式を組合わせることができます。

収集先収集方法
ファイルレシーバクラウド専用コレクタが、ログを定期収集、ファイルレシーバが、ファイル共有されたログを定期受信
Logstorage ELCが、ログを定期収集、ファイルレシーバが、ファイル共有されたログを定期受信
ファイルレシーバが、ファイル共有されたログを定期受信
FTPレシーバLogstorage SBTが、ログをバッチ読み込み、FTPレシーバに送信
LLTPレシーバLogstorage Agentが、ログをリアルタイム収集、LLTPレシーバにリアルタイム送信
Syslog UDPレシーバSyslogレシーバが、Syslogプロトコルをリアルタイム受信
Syslog TCPレシーバ
Syslog TLSレシーバ
SNMPレシーバSNMPレシーバが、SNMPトラップをリアルタイム受信

テキスト形式で出力されるログはすべて収集可能です

Logstorage Agentは、集中管理ツールによって集中管理することができます。
GUI版:Logsource Controller
CUI版:Agent 集中管理ツール

ログの収集実績例はこちらからご確認いただけます。
収集実績一覧

保管

Logstorageは、収集したログを最大1/10に圧縮し、堅固なAESやBlowfish等の暗号化方式で、安全に保管することができます。

機能概要
ログ圧縮保管機能Logstorageは、収集したログを最大で10分の1に圧縮して保管します。
ログ保管に用いるストレージのコストを大幅にカットできます。
ログ暗号化機能Logstorageは、AESやBlowfishなどの暗号方式を用い、
収集したログを暗号化して保管する事が可能です。
ログの改ざん検出機能Logstorageは、収集したログデータに対するハッシュ値を管理しており、
これを用いる事でログが改ざんされている、或いは改ざんされていない事の証明が可能です。
ログのアーカイブ機能Logstorageは、一定期間を超えたログデータをアーカイブできます。
OSのスケジューラー等に登録することで自動的にアーカイブが可能です。
ログフォーマット定義機能ログフォーマット定義機能は、Logstorageで収集したログの項目に対して、
意味付け・タグ付けを行う機能です。
グループ・ユーザ管理機能グループ・ユーザ管理機能は、グループ・ユーザ単位に、利用できる機能や、
アクセスできるログについて権限設定ができる機能です。
マスタ連携機能マスタ連携機能は、ログ収集時に、ログとマスタ情報との紐づけを行うことで、
ログに含まれない情報を付加できる機能です。
ログフォーマット自動解析機能ログフォーマット自動解析機能は、レシーバがログを受信した段階で自動的にログフォーマットを解析し、
アプリケーション、アクション、メッセージパラメータとして自動登録する機能です。

分析

分析方法

Logstorageでは多様な分析方法を用意しています。分析イメージは各ページからご確認いただけます。

機能概要
検索全てのログを横断追跡
集計ログから全体の兆候を分析
検知異常な兆候をリアルタイムに検知・通知
レポートモニタリングを自動化
インサイトログの統計分析をダッシュボード上から確認可能
労務管理レポート出退勤に関する従業員の自己申告データとLogstorageに取り込んだログを突合確認
突合コマンドオプションコマンドを利用して外部データの情報をログに付与して転送可能

SecureCube Access Check のログ分析

Logstorage Access Check 連携パックによって分析できる内容です。

Logstorage Access Check 連携パックレポート一覧
アクセスログ
アクセス申請一覧
アクセス申請時間超過アクセス履歴
アクセス申請機能による規制履歴
グローバル管理者画面の操作履歴
管理者画面の操作履歴
マスタ管理者画面の操作履歴
ログイン履歴(グローバル管理者)
ログイン履歴(監査者)
ログイン履歴(管理者)

SecureCube Access Check のログに関する分析例はこちらからご確認いただけます。
(画像クリックで拡大)

TOP