統合ログ管理システム Logstorage

統合ログ管理システム Logstorage は、サーバやネットワーク機器等、企業内の情報システムから出力される大量のログデータを迅速・確実に収集し、内部統制・情報漏洩・情報セキュリティ対策・システム障害対策等の目的にログデータを利用可能とするシステムです。

ログ収集
ログ収集

ログ保存・保管
ログ保存・保管

検索
検索

集計
集計

検知
検知

レポート
レポート

マスタ連携
マスタ連携

2002年の販売開始以来、 4,400社を超える先進企業や官公庁への導入実績をもち、
統合ログ管理分野において15年連続で国内シェアNO.1を誇る製品です。

15年連続シェアNo.1 !!!

国内販売数のシェアは15年連続でNo.1!!!

過半数のシェアを獲得しています。
およそ20年に渡り 4,400社超のさまざまな先進企業から官公庁まで広く導入しています。

最新のセキュリティ対策

標的型攻撃を始め、内部不正抑止、PCIDSS、マイナンバー管理、監査対応など日々増加する新たなセキュリティ脅威、コンプライアンス対応に効果的な対策を提供します。

豊富なログ収集実績

各種ソフトウェア・ネットワーク機器・サーバ、クラウド、資産管理ツールなど、日本国内で利用されているソフトウェア・機器を中心に400種類以上のログ収集実績があります

Logstorageがシステム・セキュリティの課題を解決します

サイバー攻撃対策

激化する外部からの攻撃、複雑化するシステムで発見が困難な社内からの攻撃。
Logstorageによる攻撃の可視化で、素早く攻撃を検出し、被害を最小化することが出来ます。

監査要件対応

個人情報保護法やPCIDSSを始めとする様々な法規制・ガイドラインには、ログ管理が求められます。
ログの収集から安全な長期保管といった実現の難しい機能をLogstorageが提供します。

デジタル化が進む企業に於いて、デジタルインフラの安定稼働はビジネスを始め、企業そのものの存続に大きな影響を与えます。
ログの管理と保全により、システムに対するリスクの予兆を管理し、未然に問題を予防します。

企業を支えるインフラとして、クラウドはもはや欠かすことが出来ない技術となりました。 複数のクラウドサービスを利用する企業が多くを占める中で、複雑化するクラウドの安全・安心な利用をLogstorageが支えます。

導入事例

Logstorageは、大手自動車メーカーや家電メーカー、広告代理店、通信キャリアなど日本の各業界のトップ企業、官公庁、学校法人に多く導入の実績があります。

ウィルグループ
SBI損保
GMOフィナンシャルホールディングス
JCRファーマ
ジャパネットホールディングス
日新火災
日本ビジネスシステムズ
ハンズラボ
宮崎大学

日鉄ソリューションズ株式会社 様

世界最大級の鉄鋼メーカーである日本製鉄(旧:新日鐵住金)を母体に持つ、国内有数のシステムインテグレータの日鉄ソリューションズ様。マネージド・クラウドサービス「absonne(アブソンヌ)」のシステム基盤における統合ログ管理をLogstorageによって実現しています。

株式会社ウィルグループ 様

社外で業務に携わる社員のため、Office365を活用しているウィルグループ様。
社員のクラウド利用時の利便性を向上しつつセキュリティを確保するため、Logstorageを導入・活用されています。

日本ビジネスシステムズ株式会社 様

Microsoft Azure上でSaaSサービスを運用される日本ビジネスシステムズ株式会社様では、マイナンバーを取り扱うサービスを提供しており、厳格な法令要件への適用、業務プロセスが求められます。
証跡・監査ログの保存にLogstorageが活躍しています。

製品ラインナップ

Logstorageシリーズの製品をご紹介します。

Logstorage

ログに関するあらゆる機能を提供し、国内シェアNo.1の実績を持つ統合ログ管理製品です。
ログの収集・保管から、高度な分析、高速な検索といった、統合ログ管理に必要な機能を備える、ログ管理製品のデファクト・スタンダードです。

Logstorage-X/SIEM

統合ログ管理市場で圧倒的なシェアを持つLogstorageから生まれた純国産SIEM製品です。
セキュリティ脅威へのリアルタイム検知を実現し、IT部門の継続的な運用を支援します。

ELC Analytics

アクセスログをはじめとする各種ログを「収集・解析」「保管」「検索・分析」「レポート」するためのサーバー管理ツールです。複雑なログをシンプルに変換する機能で、セキュリティ対策やシステム監査などのニーズにお応えします。

連携製品

Logstorageと各製品の連携パックを組み合わせることで、製品のログをすぐに管理できます。

※出典:デロイト トーマツ ミック経済研究所2021年12月発刊:内部脅威対策ソリューション市場の現状と将来展望2021年(統合ログ管理ツール部門)[https://mic-r.co.jp/mr/02250/]、デロイト トーマツ ミック経済研 究所2017年3月発刊:情報漏洩防止型セキュリティソリューションのユーザー導入実態調査【2016年度版】

PAGE TOP