エムオーテックス株式会社のLANSCOPE用のアライアンス版・連携パックです。 LANSCOPEは、主にクライアントの操作ログを収集するソフトウェアです。
収集するログには、資産アラームログやアクセス禁止ログなどの不正な操作ログをはじめ、プリントログやWebアクセスログなど幅広く、詳細に記録することができます。

LANSCOPEとは

エムオーテックス社が開発・販売を行う、トップシェアを誇るネットワーク・ セキュリティ管理ツールです。 クライアントのハード・ソフトウェア情報や、ユーザの操作履歴のログを記録することによって、 詳細な現状把握を実現します。 またネットワーク上の変化をリアルタイムに通知する機能により、様々なポリシー違反、不正操作 を捕らえ、素早い対策を取る事が可能になります。

LANSCOPE の詳細は https://www.lanscope.jp/cat/をご覧下さい。

製品概要

Logstorageにおいて、 LANSCOPE のログ収集に特化したアライアンス版と統合ログ管理を想定したLANSCOPE 連携パック単体の2種類で提供しています。

・LANSCOPE のログ収集

LANSCOPEで出力される各種ログを Logstorage に連携できます。 ログの送信方法は、 syslog でのリアルタイム送信、 FTP での定期送信の2通りから選択可能です。

・他のシステム・機器のログとの統合

Logstorage は様々なアプリケーションやサービス等から出力されるログのフォーマットの違いを吸収し、統合的・横断的に分析する事が可能です。 例えば、 LANSCOPEで記録したログと、認証サーバやDHCPサーバのログを統合し、IPアドレスからユーザを特定する事などが可能になります。

・ログの長期保存、原本性の証明

LANSCOPE のログを Logstorage に自動収集し、インフォサイエンスが開発したログ専用の独自DBに格納することにより、ログを最大で10分の1に圧縮し、かつ高速なログ分析を実現しています。 さらに、独自DBの暗号化や、ハッシュ値を自動生成する機能により、ログの改ざん検出や原本性の証明を実現できます。

・柔軟なレポーティング機能

LANSCOPE のログに対するレポートテンプレートを20種類以上用意し、日次/週次/月次のタイミングで自動出力するスケジュール機能も備えているため、ログのモニタリングの自動化が可能になります。 また、ユーザが独自のレポートを追加することも可能です。

システム構成

構成図_連携パックLANSCOPE_20220623

製品内容

アライアンス版
・ Logstorage for LANSCOPE
※Logstorageと連携パックのライセンスが含まれます。
連携パック
・ Logstorage LANSCOPE 連携パック
※Logstorageライセンスは別途必要です。

LANSCOPE との連携機能

– ログ変換スクリプト

– 検索/集計/レポートテンプレート

– ログフォーマット定義、タグ定義

ログ収集対象

・Webアクセスログ

・アプリケーションタスクログ

・アプリケーション監査ログ

・アプリケーション禁止ログ

・サーバファイル操作ログ

・プリントログ

・リアルタイムイベントログ

・資産アラームログ

・アプリケーションアラームログ

・接続ログ

・エージェントOnOffログ

・ドメインログオンログオフログ

・ログオンユーザOnOffログ

・メール送信ログ

・操作履歴ログ

・通信デバイスログ

BlackBerry Protect脅威検知ログ

アプリ通信ログ

Microsoft Defender検知ログ

資料ダウンロード


こちら資料のダウンロードには、フォーム入力をご利用ください。

当フォームは法人向けのため、フリーメールアドレスで申し込まれた場合は、
当社からの回答をお送りできない場合がございます。ご了承ください。
企業でご利用のメールアドレスをご利用ください。
























    利用したい機能やご利用のイメージがあれば、あわせてお知らせください。

    許可無く外部に個人情報を公開することはありません。
    弊社のプライバシーポリシーはこちらを御覧ください。

    確認画面は出ません。送信前にもう一度内容をお確かめください。
    *は必須項目です。



    PAGE TOP