AWSログとは?収集・保管・分析の基本

  • コラム
活用事例

AWSログとは?

AWSログは、Amazon Web Services(AWS)上で発生するイベントやアクションの詳細な記録データのことです。

AWSサービスは、リソースの作成や変更、アクセスの試行、エラーの発生など、さまざまなイベントを生成します。これらのログは、セキュリティ、監査、トラブルシューティング、パフォーマンスの監視などの目的で活用されます。

AWSログは、AWS Management Console、API呼び出し、CLI、各サービスのコンソールなどからアクセスできます。

AWSログを収集・保管するメリット

AWSログを収集・保管することには以下のようなメリットがあります。

セキュリティと監査:
AWSログには、アカウント内のイベントやアクションの詳細な情報が含まれています。ログを収集し保管することで、セキュリティインシデントや不正アクティビティの検出やトラブルシューティングが容易になります。また、ログはセキュリティ監査や規制要件の遵守に役立ちます。

パフォーマンスの監視とトラブルシューティング:
AWSログには、リソースのパフォーマンスやエラーの情報が含まれています。ログを収集し保管することで、リソースの監視やパフォーマンスの問題の特定、障害のトラブルシューティングが可能となります。

リソースの最適化:
AWSログを分析することで、リソースの使用状況やパターンを把握できます。これにより、リソースの最適化やコスト削減のための洞察を得ることができます。

データ駆動型の意思決定:
AWSログには、アカウント内の活動やパフォーマンスに関する豊富なデータが含まれています。これに基づいて分析を行うことで、データ駆動型の意思決定やビジネスインテリジェンスに活用することができます。

合規性と規制要件の遵守:
AWSログは、規制やコンプライアンス要件(例: PCI DSS、HIPAAなど)を満たすための監査トレイルとして活用できます。ログの収集と保管により、アカウント内のアクションやイベントに関する監査が可能となります。

AWSログの収集・保管は、セキュリティと監査、パフォーマンスの監視とトラブルシューティング、リソース最適化、データ駆動型の意思決定、合規性と規制要件の遵守など、さまざまな目的で活用されます。

これにより、アカウントのセキュリティ強化、リソースの最適化、ビジネス上の意思決定の基盤の構築などが可能となります。

AWSログを収集・保存する方法

AWSログを収集・保存する方法は以下の通りです。なお、AWSログの収集・保存方法は、ログの種類によって異なります。

以下に一般的な手順を示しますが、具体的なログの種類によって手順が異なる場合がありますので、ログの種類に応じたAWSサービスのドキュメントも参照してください。

手順1.AWS Management Consoleにログインします。
2.サービスメニューからログの種類に応じたAWSサービス(例: CloudTrail、CloudWatch Logs)を選択します。
3.必要に応じて、AWSサービスの設定を構成します。設定の詳細は、各AWSサービスのドキュメントを参照してください。
4.ログを保存する場所を指定します。一般的には、Amazon S3バケットを使用してログを保存します。
5.必要に応じて、ログのフィルタリングやアクセスコントロールの設定を行います。
6.設定を保存または適用します。

具体的な手順は、ログの種類と対応するAWSサービスに依存します。各AWSサービスのドキュメントには、詳細な手順や設定オプションが提供されていますので、それらを参考にしてください。

ログ管理の主な課題

ログ管理の主な課題・ログ収集時の負担が大きい
・膨大なログファイルによるストレージの圧迫
・管理体制によっては、簡単にログの改ざんや削除が可能
・ログが分散しており、統計処理や分析に多くの工数がかかる

自身でログを収集する場合、ログの保管先にアクセスしてファイルをダウンロードするという作業を都度行う必要があります。利用するサーバやシステムの数が増えるにつれてログファイルの量が増えるため、システム状況によってはログの収集に膨大な工数がかかるケースもあります。他にも保管や分析に関する問題も多く存在します。

上記の課題を解決するためのソリューションとして、統合ログ管理システムが挙げられます。

統合ログ管理システム「Logstorage」

統合ログ管理システム「Logstorage」は、統合ログ管理を簡単に実現するための製品として、ログの円滑な収集と活用を支援します。

Logstorageとは様々なシステムに異なるフォーマットで散在するログを管理・分析する純国産の統合ログ管理システムです。内部統制、情報漏えい対策、サイバー攻撃対策、システム運用監視など多様な目的に対応できる、統合ログ分野でのデファクトスタンダード製品です。官公庁や金融業、通信業を中心に5100社以上が導入しており、統合ログ管理ツール分野シェア17年連続No1となっています。

Logstorageを用いることで、ITシステムに散らばるログを一元管理できるようになります。主な機能としては、ログを定期的に自動で収集する機能、ログを暗号化して安全に保持できる機能、ログを長期保持するためのアーカイブ機能、システムを横断してログを検索できる機能、レポートを定期的に出力する機能などが挙げられます。他にも、ログを管理する上で欠かせない機能が充実しています。

なお「Logstorage対応パックfor AWS」というオプション製品も提供しています。

Logstorage対応パック for AWSの特徴・サービス毎に専用のログ収集モジュールを提供
・ログをセキュアに長期保管できる
・特定のログを簡単に参照できる
・AWS Configスナップショットレポートで、システム構成図を確認できる

ユーザー様からは「ログの検索に最大2~3時間かけていたが、導入後は10分で検索できるようになった」、「システム構成図が便利」などの声をいただいております。ご興味がございましたら、下記リンクから商品紹介ページをご覧いただくか、試用版のご利用をご検討いただければと存じます。

商標表示について
Amazon Web Services、AWS、Amazon EC2、Amazon Web Services ロゴは、Amazon Technologies, Inc.の米国およびその他の国における商標です。

TOP