秘文とは?記録するログを紹介

  • コラム
活用事例

秘文とは?

秘文は、株式会社日立ソリューションズが提供するエンドポイントセキュリティ製品です。機能やサーバー導入の有無に応じた製品を展開しています。

製品名種別サーバーの導入用途/機能
秘文 Device Controlオンプレミス版必要・内部不正/盗難紛失対策
秘文 Data Encryptionオンプレミス版必要・内部不正/盗難紛失対策
秘文 統合エンドポイント管理サービスサービス版不要・PCセキュリティ設定の自動点検
・内部不正/盗難紛失対策
・BitLockerの管理とリモートでの制御
・スマートデバイス管理
・IT資産管理
・インターネットリモートコントロール
秘文 Endpoint Protection Serviceサービス版不要・内部不正/盗難紛失対策

オンプレミス版の「秘文 Device Control」は機密情報が社外へ流出することを阻止するための製品で、「秘文 Data Encryption」は機密情報を暗号化するための製品です。

クラウド版の「秘文 統合エンドポイント管理サービス」は、エンドポイントセキュリティのための様々な機能を統合した製品で、「秘文 Endpoint Protection Service」は内部不正/盗難紛失対策の機能に絞った製品になります。

秘文が記録するログ

秘文は、アクセスログやイベントログなどを記録します。例えば、以下のようなログが挙げられます。

  • PC起動ログ
  • Windows認証ログ
  • 秘文認証ログ
  • デバイス接続ログ
  • ファイル操作ログ
  • アプリケーション操作ログ
  • ファイル持ち出しログ
  • クリップ操作ログ・データ
    等々

秘文が記録したログの活用をサポートする「Logstorage」

秘文は単体でも非常に有益ですが、統合ログ管理システムの「Logstorage」を併用することで、より効果的にログを活用できる場合があります。

Logstorageとは様々なシステムに異なるフォーマットで散在するログを管理・分析する純国産の統合ログ管理システムです。内部統制、情報漏えい対策、サイバー攻撃対策、システム運用監視など多様な目的に対応できる、統合ログ分野でのデファクトスタンダード製品です。官公庁や金融業、通信業を中心に5100社以上が導入しており、統合ログ管理ツール分野シェア17年連続No1となっています。

Logstorageには、ログ収集やログ圧縮、レポート作成などログを管理する上で欠かせない機能が充実しています。加えて、オプション製品の「Logstorage 秘文 連携パック」を利用することで、秘文が記録するログの収集も可能です。

その結果、以下のようなことを実現できます。

できること概要
他システム/機器との統合分析ができる異なるフォーマットを持つログの違いを吸収し、ログを横断的に分析できます。
例えば「秘文で収集したクライアント操作ログ」と「入退出管理システムなど物理デバイスのログ」を統合することで、
フロアへの出入りやサーバーの操作といったアクティビティを時系列で追跡・分析できます。
ログを安全に長期保存できる秘文が記録するログを最大1/10に圧縮し、ストレージに長期保持できます。
ログの暗号化や改ざん検出機能により、ログの保全にも効果を発揮します。
柔軟なレポーティングが可能Logstorage秘文連携パックでは、「秘文Device Control」や「秘文Data Encryption」が記録した
ログに対するレポートテンプレートを提供しています。
また、GUI上でレポート内容を自由に設定・カスタマイズできます。
それらを活用することで、自社のセキュリティポリシーに合わせた多角的なレポートが作成可能です。

Logstorageと連携パックの詳細は、以下をご覧ください。

>>Logstorage秘文連携パックの詳細はこちら
>>Logstorageの詳細はこちら
>>試用版はこちら

商標表示について
秘文は、株式会社日立ソリューションズの登録商標、または商標です。

TOP