iDoperationとは?記録されるログを紹介

  • コラム
活用事例

iDoperationとは?

iDoperationは、特権IDの管理/運用を支援する特権ID管理ソリューションです。特権ID利用権限の可視化やアカウント突合せ点検の自動化、特権IDの貸出/返却に関する申請/承認状況の管理など、特権IDの管理に求められる機能をパッケージで提供しています。

iDoperationが記録するログ

iDoperationは、特権ユーザのアクセスログや操作ログを収集します。

種別記録内容記録される情報の例
操作ログ・iDoperation上の操作全般
・特権ID貸出の承認操作
・iDoperation Web Console操作ログ
・iDoperation Client操作ログ
・特権ID貸出承認操作ログ
DB格納情報ログ・ターゲット内のアクセスログ
・ターゲットアカウント操作履歴
・ターゲットのアクセス履歴、ログイン失敗情報
・オートログイン操作情報
・ターゲットアカウントの操作情報
各種レポート・点検結果などのレポート・特権IDの利用点検(ワークフローとの突合せ結果)
・ターゲットアカウントの利用設定操作点検

iDoperationが記録したログの活用をサポートする「Logstorage」

iDoperationは単体でも非常に有益ですが、統合ログ管理システムの「Logstorage」を併用することで、より効果的にログを活用できる場合があります。

Logstorageとは様々なシステムに異なるフォーマットで散在するログを管理・分析する純国産の統合ログ管理システムです。内部統制、情報漏えい対策、サイバー攻撃対策、システム運用監視など多様な目的に対応できる、統合ログ分野でのデファクトスタンダード製品です。官公庁や金融業、通信業を中心に5100社以上が導入しており、統合ログ管理ツール分野シェア17年連続No1となっています。

Logstorageは、ログの収集機能や圧縮保管機能、アーカイブ機能、レポート機能などログ管理をする上で欠かせない機能が充実しています。

そして、オプション製品である「Logstorage iDoperation 連携パック」を利用することで、iDoperationが記録するログを収集できるようになります。その結果、以下のようなことを実現できます。

  • 集めたログを容易に可視化/分析できる
  • イベント全体の傾向を分析できる
  • 監査したい条件を設定し、定期的にレポートを出力できる

Logstorageと連携パックの詳細は、以下をご覧ください。

>>Logstorage iDoperation 連携パックの詳細はこちら
>>Logstorageの詳細はこちら
>>試用版はこちら

商標表示について
iDoperationは、NTTテクノクロス株式会社の登録商標です。

TOP