アクセス制御・監査ツール「SecureCube / Access Check」とは

 特権IDのアクティビティ管理を含むアクセス制御は、IT全般統制の最重要ポイントのひとつとして、J-SOX等の各種ルールに適合するために対策が急がれています。
しかし、運用の中で特権IDが利用されている全てのサーバに対して、個人を識別するためのアカウントを登録することは困難であり、また、この問題を解決すべく登場した従来のID統合管理システムはコストが掛かり過ぎるという問題点がありました。

 SecureCube / Access Checkは、各サーバの既存ID・パスワードをそのまま活用可能であり、管理対象となるすべてのサーバに対して、システム開発者、運用者の個人ごとのIDを新たに発行する必要はなく、SecureCube / Access CheckのIDを利用して個人を特定し、誰がどのサーバにアクセスしたか管理可能になります。
また、SecureCube / Access Check はエージェントレスの仕組みであるため、管理対象サーバに一切の影響を与えずに導入する事が可能です。

SecureCube / Access Checkの詳細については下記をご覧下さい。
https://www.nri-secure.co.jp/service/solution/accesscheck.html

Logstorage + AccessCheck 連携メリット

SecureCube / Access Checkのアクセスログを長期保管・高速追跡
 SecureCube / Access Checkが記録する各種サーバへのアクセスログを、ストレージに数年にわたって長期保管できます。
また、保管されるログは暗号化され、かつ電子署名が付与されますので、ログの改ざん対策にも効果を発揮します。高速なインデックス検索機能によるログの検索・追跡、各種コンプライアンスレポート出力など、SecureCube / Access Checkのログを効果的に活用することが可能になります。

あらゆるシステムのログを統合した横断検索・分析
 インフォサイエンスが特許を持つログフォーマット定義機能により、SecureCube / Access Checkが記録したサーバへのアクセスログと、他のシステムのログを統合した横断検索・分析が可能です。
例えば、サーバルームへの入退室、DBサーバへのアクセス、PC上でのUSBメモリへのコピー、複合機での紙への印刷など、これらのログを統合し、ITシステム上でのユーザ行動やファイル・データの流れを把握することにより、内部統制・情報セキュリティ対策を強化します。

充実のレポートテンプレート
 SecureCube / Access Check連携パックには、即日利用可能なレポートテンプレートを備えております。
また、直感的なGUI画面より、お客様自身でテンプレートを作成する事も可能です。

システム構成

システム構成

Logstorage Access Check 連携パックの内容

Logstorage Access Check 連携パック
  - SBT(ログ転送ツール)用プロパティファイル
  - ログ受信スクリプト
  - ログフォーマット定義
  - カラムセット定義
  - レポートテンプレート

お問い合わせ先


  ログストレージ 開発元
   インフォサイエンス株式会社 プロダクト事業部
   〒108-0023 東京都港区芝浦2-4-1 インフォサイエンスビル
   メール:info@logstorage.com 電話:03-5427-3503
    URL:http://www.infoscience.co.jp/


 SecureCube / Access Check開発元
   NRIセキュアテクノロジーズ株式会社
   メール:info@nri-secure.co.jp 電話:03-6706-0500(代表)
   URL:http://www.nri-secure.co.jp/